タロットには1番の前に0番がある(0番 愚者)。

当たるではなく”活かす”占いを!
運命プロデューサーの望月まろです。

 

※単語の羅列よりは
リーディング中に印象に
残っていることを書いています。
こんな解釈もあるんだな~
と捉えて頂ければと思います。

 

タロットの解説ということで
大アルカナ22枚から!
1番のカードから行きたいところですが
なんと
0番のカードがあります!
という訳で、
0番は愚者のカードです。

 

単語を並べますと
始まり・変化・直観・様々な可能性
などと言った意味があります。
西洋占星術と結びつけると
天王星が該当しますので、
革新的・長距離・海外
という言葉も出てきます。
前回のキーワードでは

 

「無」

 

と要約しました。
次の魔術師にも関連しますが、
新しいことを始める時に、

 

愚者
全く初めてのことにチャレンジするのか
魔術師
今あるものから興していくのか

 

という違いがあります。
どちらのカードが出ても
新しいことを
始めてみてはどうですか?
といった伝え方に
なると思いますが、
リーディングする側としては
そういう分け方も
認識しておいたほうが
良いかと思います◎

 

逆位置になると
消極的・マンネリ・不安定・突発的
などといった感じでしょうか。
周囲のカードによりますが、

 

やろうと思っていることが
今の時期ではない・無理がある

 

状況は悪くないが
一歩が出せない・踏ん切りがつかない

 

というような状況の見極めが
必要になってきます。

正位置・逆位置どちらでも
何かが沸き上がってくるものに対して
良い沸き上がり方か
悪い沸き上がり方か
を読み取ってお伝え出来たら
バッチグーではないでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました